VRは専用ゴーグルを用いることで没入感のあるアダルト映像を楽しめます。

VRは救世主になれるのか?

 

アダルトVRを見て興奮する男性

 

ここ数年で急成長を遂げているアダルトVR動画。動画配信サービス大手のFANZA(旧DMM)ではVR作品の数が急増し、作品のラインナップが充実しました。

 

衰退するAV業界にアダルトVRは救世主になれるのでしょうか?

 

当サイトの見解では残念ながらDVDやブルーレイで販売されるアダルトビデオ業界の活性化には繋がらないとみています。

 

アダルトVRの魅力やネット配信サービスが主流になっている現状、無修正のVR映像を楽しむコツなどを紹介しているので、ぜひ最後までご覧になってください。

 

参考記事:無修正AVが身近なものに

 

アダルトVRはスマホ挿入ゴーグルが主流

 

VRゴーグルには、以下の4種類があります。

 

  • スマホ挿入タイプ
  • DVDやパソコンなどからHDM変換して映像を楽しむタイプ(スタンドアローン型)
  • PSVRなど専用の端末が必要なタイプ
  • パソコンなどの専用アプリが必要なタイプ

 

手軽に楽しめるスマホ挿入タイプが人気で、売れ筋のVRゴーグルは3千円前後で購入できます。
スタンドアローン型との相性が良いDVDやブルーレイのアダルトVRは、スマホ挿入タイプやパソコンのアプリで楽しめるネット配信アダルトVRに比べて作品の少なさがネックです。

 

高価な端末を使うアダルトVRの方が映像のクオリティは高いのですが、アダルトVRのような実写映像では、高品質VRの恩恵をそこまで活かせません。

 

VR市場は今後も成長していく見込みですが、アダルトビデオ(DVD、ブルーレイ)のVRはそこまで普及していないのが現状です。

 

アダルトVRの魅力

 

アダルトVRは没入感のある映像を楽しめるほか、広い視野を可能にするメリットがあります。
没入感を活かした作品では主観系の人気が高く、ハーレムプレイや乱交では広い視野の恩恵が大きいです。

 

アダルトVRは好みが分かれる要素もありますが、「2D映像には戻れない」などと評価する人も多数います。
手軽に購入できるVRゴーグルが普及しているので、まだアダルトVRの没入感を体験していない人は一度試してみる価値ありです。

 

アダルトVRの問題点

 

まるで目の前に女優がいるような臨場感ある映像を楽しむことができるアダルトVR。

 

主観系の作品が多く、局部を顔の目の前で拝めるのですが、モザイクがかかってしまうと一気に非現実的な世界になってしまいます。
VR映像のクオリティがどれだけ進化しても、モザイクの問題は解決できないので完璧なリアリティを得ることは困難です。

 

無修正のアダルトVR映像も一部で存在していますが、大半は洋モノになっているのがネックで、近い将来に高品質の無修正VRが普及する可能性は低いでしょう。

 

無修正VR映像を見る裏技

 

ライブチャットであれば、無修正のVR映像を楽しむことができます。

 

現時点でVR映像配信のライブチャットを扱っているのはFANZAのAV女優出演イベントのみですが、今後はリアルタイムでVR映像変化できるコンテンツが増加していくでしょう。
VRはアダルトビデオおよびエロ動画の救世主になることを期待できる存在であるのと同時に、AVからシェアを奪っているライブチャットをさらに成長させる脅威の存在です。

 

リアルを極めたライブチャット
ページの先頭へ戻る